RECRUIT
採用情報

COMMENT
他事務所と米本の違い

他の会計事務所の勤務経験者に聞く

社員の中には、他の会計事務所から転職した方も在籍しております。今回その中から、米本に在職中に税理士資格を取得された豊西正崇部長(岸和田事務所・第6事業部部長)に話を聞いてみました。

やりがいをもって働ける環境です!

やりがいをもって働ける
環境です!

豊西 正崇

岸和田事務所・第6事業部部長 税理士

2005年 大阪府の個人税理士事務所に入社。
実務経験を積み、2010年に米本合同税理士法人岸和田事務所に入社。

Q前職から米本グループに転職されたキッカケ・理由は何ですか?

私は米本に入社する前に2か所の職場を経験してまして、前々職で社員が3~4人ほどの会計事務所に5年ほど勤めていました。元々税理士を目指していて、仕事が終わってから学校に通う、という生活で簿記論・財務諸表論の2科目を合格することができましたが、法人税が3回受験しても通らず、仕事と勉強の両立に疲れ、結局勉強を諦めてその会計事務所も退職することに決めました。

その後、会計事務所ではなく、まったく違う業界の会社の経理・営業事務として再就職しました。

そんなある日、電車で座っていると隣で本を読みながらウトウトしているサラリーマンの方がいたのですが、ふと本に目をやると税法の理論の本だったんですね。その時に自分も少し前は仕事しながら勉強してたのに、やっぱり逃げたらあかん、もう一回やり直そうと思ったんです。そしてその会社の社長にその気持ちを話したところ、社長は快諾してくれました。

その後、ハローワークで求人募集を見ていたところ、米本合同税理士法人が募集をしていたので、応募し、面接をしていただきました。今思うと、面接は世間話が中心だったのですが、近藤社長(当時)から面接の最後に「資格の勉強はするんですか?」と聞かれ、「仕事の迷惑にならないように勉強はしたいです。学校にも行きたいです。」と答えたのが採用された理由だったのかもしれません。あと、面接の帰りに肥田会長が「今、税理士がこれだけいるんですけど、もっと増やしたいんですよ」と飾ってある税理士のプレートを見ながら話されてたのも印象的でしたね。

Q前々職の会計事務所では主にどのような業務をされていましたか?
また現在の業務との違いは?

前々職の会計事務所では主にどのような業務をされていましたか?

前の会計事務所は少人数の事務所でしたので、所長先生がすべての責任・権限を持っていたので、その所長先生の「補助」というスタイルでしたね。

自分の考えを提案すればもちろん取り入れてくれるんですけど、あくまでも所長先生の判断で決まりますね。米本と前の会計事務所の違いで言えば、米本は「担当」というものがきちんと決まっていて、日程調整・資料回収・試算表作成・報告・提案などのコンサル業務を全て担当者が行う、というところが大きく違うと思います。前の会計事務所では所長先生に全ての権限・責任があったけど、米本ではある程度の裁量を持たせてもらえる。その分責任も伴いますけど、やりがいはすごくありますね。

Q米本グループに転職して、前職との違いで驚いたことはありますか?

一番驚いたのがしっかりと組織だっていることですね。役員がいて、部長がいて、一般職員がいて。また事業部という形でそれぞれが機能している、ということも自分にとっては驚きでした。前の事務所は全体が1つの事業部みたいな感じでしたから。

Q働きながら税理士資格を取得されたとのことで、
会社から資格取得に向けたバックアップなどはありましたか?

前々職の会計事務所では主にどのような業務をされていましたか?

税理士資格の勉強をすることに対しては当社は非常に寛大ですね。それに尽きると思います。事務所によっては、資格の勉強に対して後ろ向きな事務所もあると話には聞きます。でも、当社は定時で仕事を切り上げることができるので、夜の学校にも遅刻することなく通学できるし、授業がない日でも勉強時間を確保することができると思います。

ただし、受験は自分との戦いです。確保することができた勉強時間をどのように活かすかは自分次第ではないでしょうか。

勉強時間を確保することができても、仕事が終わってからの勉強です。体力的にも精神的にも「しんどい」ですね。休みの日は出かけたくもなるし(笑)。私はモチベーションをいかに高めて、それを維持していくかを大切にしていましたね。

働きながらの受験勉強は本当に大変です。でも、その経験はその後の人生に自信となって必ず活きると思います。それに、合格した時の嬉しさは格別ですね。

あと、バックアップといえば、個人的に応援してくれる方達もいらっしゃるので、その方達にいい報告をしたいと思うことも励みになりますね。何よりも合格した時に会社の皆さんがいっしょに喜んでくれるのがとても嬉しいですね。本当に嬉しいですよ。

Q米本グループに転職して、一番良かったと思うことは何ですか?

米本グループでは手を挙げると仕事を任せてもらえることができます。仕事を任せられるということは当然責任も伴いますが、自信にもやりがいにもなる。そして、そのことが人生を豊かにしてくれる。

あとは会社があっての生活だな、と感じられるところでしょうか。結婚もできたし、子供もできた。税理士資格も取れましたし。

それらを全て含めて、今、一生懸命に仕事が出来ていることが幸せなんだと思います。

募集要項・応募方法については以下のページをご覧ください。

募集要項・応募方法

Copyright(c) YONEMOTO GOHDOU Tax Corporation. All Rights Reserved.

PAGE TOP