節税対策

人件費の増加を逆手に取った節税策(所得拡大促進税制)

人件費の増加は経営者の悩みの種ではありますが、それを逆手にとった節税策です。前年度の給与等よりも当年度の給与等が増えている場合に、その増加額の15%の所得税または法人税の税額控除ができます。

基本的な要件としては、以下の2つです。 

  • 前年度より給与等の支給総額が増加していること。
  • 前年度より1人当たりの給与等単価が1.5%以上増加していること。

←以下の図は左右にスライドできます→

なお、この制度には上乗せ措置があり、以下の要件を満たすことで給与等の増加額の15%の税額控除が25%の税額控除となります。

  • 教育訓練費が前年度よりも10%以上増加していること、または、中小企業等経営強化法に基づく経営力向上計画の認定を受けており、経営力向上が確実に行われていること。
  • 前年度より1人当たりの給与等単価が2.5%以上増加していること。

←以下の図は左右にスライドできます→

節税度 ★☆☆☆☆ ~ ★★★★★(ケースによって異なるため)
お手軽度 ★☆☆☆☆
マイナー度 ★★★☆☆

免責事項

本サイトに掲載する情報は、注意や確認をした上で掲載するよう努めておりますが、最新の税制ではない場合もあります。情報の正確性や安全性など、内容について一切の保証はいたしかねます。また、掲載されている内容や情報を利用することにより直接及び間接的に生じたいかなる問題、トラブル、損害に対しても一切の責任を負いません。本サイトで得た情報の活用については、すべて閲覧者ご自身の責任において行ってください。

まずはお気軽に
ご相談下さい

受付時間 9:00~17:00(土日祝除く)

フリーダイヤル 0120-938-563

Copyright(c) YONEMOTO GOHDOU Tax Corporation. All Rights Reserved.

PAGE TOP